■環境センター
  (1)沿革
       当センターは、昭和56年度より1市3町(有田市・吉備町・金屋町・清水町)の共同ごみ処理
     場として操業してまいりましたが、設置後15年が経過したこともあり、施設が老朽化し、その機
     能が低下しつつありました。また、人々の生活スタイルの変化もあってごみ質も高カロリー化し、
     対応が困難になってまいりました。そこで、新しいシステムによる施設の改造を計画し、平成9年
     8月より工事に着手。3ヵ年の継続事業により平成12年3月に完成しました。
      工事方法は、同施設内で日常の処理業務と改造工事を平行して行う、リフォーム工事方式を採用
     しました。
     新しい処理施設は、県下に類のない全連続燃焼式ストーカ炉2系列と、粗大ごみ及び不燃ごみの
     処理設備として、低速及び高速回転式破砕機を兼ね備えています。また、単にごみを衛生的に効率
     よく処理するだけでなく、環境にやさしくを最優先し、周辺の環境保全にも万全を期した近代プラ
     ントとなっています。
      今後は、快適で住みよい街づくりに貢献できるよう、施設の管理運営に最善を尽くしてまいりま
     す。

  (2)施設の概要
      施 設 名   :有田周辺広域圏事務組合「環境センター」
      所 在 地   :和歌山県有田郡有田川町上中島927番地
      事業主体    :有田市・有田川町(吉備町、金屋町、清水町が平成18年1月1日合併)
      敷地面積    :15,979u
      建築面積    :管理棟190u   工場棟1,955u
      延床面積    :管理棟190u   工場棟5,360u
      着   工   :平成 9年 8月
      竣   工   :平成12年 3月
      総事業費    :47億7800万円(3カ年継続事業)
      施工監理    :財団法人 日本環境衛生センター
      設計・施工   :株式会社 クボタ


    ●ごみ焼却施設
       焼却炉形式  :全連続燃焼式焼却炉
       処理能力   :100t/24h(50t/24h×2炉)

    ●リサイクルプラザ
       処理対象物  :不燃ごみ、粗大ごみ
       破砕処理能力 :20t/5h
       選別種類   :鉄、不燃物、プラスチック、可燃物

  (3)構成市町
     有田市・有田川町(吉備町、金屋町、清水町が平成18年1月1日合併)

          搬入実績について  

          搬入基準について