■有田地方休日急患診療所
(1)沿革 
  休日における医療対策として有田地方医療対策協議会(圏域内各市町長、保健所、医師会等)
  が建設母体として建設し、医療法第7条第1項、同施行規則第1条第1項の規定により、
  昭和51年1月開設申請し、同年2月8日から診療を開始しました。
  代表開設者として吉備町長が兼務し、有田市、有田両医師会長が管理者として管理運営を行
  なっております。
  また、診療従事者中、医師、薬剤師、看護婦は非常勤職員として任命し、医師については、
  医師会会員中、当番制で診療にあたっております。
  昭和51年11月、すでに設立していた現組合に移還されました。

(2)施設の概要
  @施設の規模 
        所在地          :有田郡有田川町小島352番地  
        敷地面積        :344.42u        
        建築面積        :136.03u        
        竣工年月日      :昭和51年2月8日      
        当初建設費      :9,514千円        
        58増築費      :3,500千円        

(3)診療業務等
     @ 診療科目・時間・診療日         
         診療科目        :内科・小児科
         診療日          :日曜日・祝日・1月2、3日・12月30日、31日
         診療時間        :午前10時〜正午・午後1時〜4時
         備考            :往診はいたしません。

     A診療従事者
         医師            :非常勤で1名(有田・有田市両医師会会員の輪番による)
         薬剤師          :非常勤で1名(薬剤師を委嘱)
         看護婦          :非常勤で2名(看護婦を委嘱)
         事務職員        :常勤で2名(事務長・事務員)

       診療実績について